今回LDMOSFET/MRF1K50Hを2個使用して6mの2KWクラスのAmpを製作しました、FT8では1.3KW程度でしょう。
MRF1K50Hをパラプッシュ接続で行っています、ドレイン電圧は53V最大電流は55A、入力には-10dBのATTを挿入
しています、プロテクタもオーバードライブ(OVR)、進行波(FWD)、反射波(REF)、ALCを内蔵しています要望が
ありましたのでコントーラーのメーターを変更しました、進行波と反射波を同時に確認してSWRを直読できるように
クロスメーターを採用しました、今後の製品には採用する予定ですが、メーターの出っ張りが気になり四角い窓を開
け裏から取り付ける予定ですケースが少し変更になる可能性があります、本体の寸法はW320×H150×D450mm
になりますコントローラー寸法は、W200×H120×D140mmの予定です。
このUJ-106LDMの金額は、360,000円(消費税、送料込み)
     2020.Aug.03

     
完成したUJ-106LDM  実際の運用スタイル   テスト中
     
Bird43エレメントは2500B 飽和電力  Newコントローラー クロスメーター採用でSWR直読 高圧電源53Vの上に低圧電源12V 
     
誇らしいHUAWEI電源  RFユニットの放熱板  50Aシャイント抵抗75mV 
     
RFコネクターと連絡用25P  -10dB/ATT  ケースに電源を付けましたカップラーで取り外し簡単 
     
ほぼ完成したRFユニット  制御回路  T型フィルター 
     
   RFユニット取り付け  HUAWEIと並んだLDMOSFET/Amp
     
電源と接続もカップラー式で取り外し簡単です  完成しました  背面です左からRF/OUT RF/IN 連絡コネクター