GS-35Bで、430MHzキャビティ型研究Ampの製作です。

 この玉は、ロシア製3極管です、プレート損失1.5KW、1000MHz迄使用出来るモノで金額的にも
20.000円以下と、格安です。

 3極管ですので、暴れることも少なく動作はかなり安定したモノでした、この玉を使用して限界まで
研究する事にしました。

 思ったより、利得がありIn50W強でOut1.5KW強まで確認出来ました、手持ちのダミーが1KW迄
ですので、来週友人宅に持ち込みドライブを限界まで入れる予定です、私なりの欠点としては、
背が高く、180mmあり当社のUJシリーズのケースに入らないのが残念です。

完成した430MHzRFAmp
入力同調もバーニアダイヤルで、外部からOK
ファンは、MB-10タイプ
前回の電源に、高圧トランス追加
1.5mm厚アルミ板
誰だ!!、おかもちと言ったのは
煙突は、0.5mm銅板で製作しました
左同調用、右Out
入力回路ストリップラインでしました
バイアス用TRとZDで32Vキープ
三味線糸で調整、入力だから問題なし
いつもの魂挿入中です
どうですIn50WでOut1.5KW以上出ました
右下がGS-35B、背が高すぎる
このヒートンを回してPlate調整

 製作者からの研究報告

 430MHzAmpを、10台以上製作し殆どこの周波数での動作が手に取るように分かり始めました、今回は3極管ですので
Gridなどのパスコンに気を遣う必要がなく、すんなりと動作しましたが、至る所で培った技術を投入しました、最初の頃、
この周波数は、神様にしかできないと思っていました、HFとは簡単に比較は出来ませんが、レベルとしては10KWクラスの
Amp製作と同じくらいの難度と思います。

 この真空管は、損失1.5KWでEPは4.5KV位は、動作例があり、今回高圧を無負荷で4.5KV掛けました、前回の電源
では低く、トランスを追加して整流後直列接続でUpしています、ヒーターは12.6Vで3A供給しています、バイアスは高く
32VですTRと1Wクラスのツェナーで構成しています、EP4KVでは、アイドリング200mA位でした、実験中に一度フラッシュ
して、バイアス回路がショートしました、0バイアスではIpが1A以上流れました。

 カットオフは、簡単にバイアス回路に22KΩを挿入しているだけです、今のところ全く問題はありません、動作はIn50W
時EP3.8KV IP.85A IG120mAでOutが1.5KWですので、能率は未だ50%以下です、この状態で能率を上げるには
単純にEpを下げると50%以上になります、但しIGは増えるでしょう、今のところOut2KW以上目標にしていますのでEpは
高めに設定しています、今のIGに流れから言って、ドライブを増やしIGを300mA程度流すと、軽く2KWを超し、能率も60%
位になる予測です。

 最大Powerの実験は、今月中には行い必ず結果を発表します、このAmpを製品化する予定でなかったのですが、
RFAmpユニットのみ、販売する事にしました、EMEに興味があり、電源位は製作出来る方のために、完全調整済み
RFAmpユニットを138.000円で限定販売します。

 電源は、高圧用 4-5KV(Out1.5KW位であれば4KV以下の方が確実に能率が上がります) 1A以上 
ヒーター用12.6V 3Aあれば十分です、電圧が高い分注意は必要ですが、特殊なモノは、必要としませんので、
やる気があれば問題はありません、バイアス回路はAmpに内蔵しています。

 必要であれば、電解コンデンサー、ダイオード、トランス等は、相談に乗ります。


2002 Nov 30 最大Power、公開実験を行いました
今回の測定システム後ろの大きいのが電源
電源の前にあるのが中押しAmp、左端オーナー
2500Eエレメント、夢にまで見たOut
バラして点検を行いました
頭を外して見ましたが異常なし
フインの色が少し変わっている、問題なし

おかもち2号430MHzGS-35B Amp完成
 
前回製作した6mAmp、スプリアス測定
2nd-55dB.3rd確認出来ず、何故か4倍-60dB、フィルター無しで測定

研究報告

 ついに出ました2.5KWUp、残念ながらエレメントが2500Eしかなく、予想以上のPowerで簡単にメーターが振り切れ
、最大が確認出来なかった事がとても残念です、勿論Outは、PEPでなくアベレージで計りました、メーターも私ので
はなく家主のモノですから多分正確です。

 Plate電源は、家主の大容量(?)0-6KV可変で負荷時4KVキープしました、IPは1.3A IG300mAです、ドライブは
150Wでした、頭打ちはしていませんので、もう少し押せそうですがOutが確認出来ませんので、ここまでです。

 すでに、オーバースペックですので、長い時間のテストは無理ですね、次回機会があれば5000Eエレメントを手に
入れ挑戦するつもりです。

 将来的には、2本で4KWUpまで研究する予定です、どうもこのBandにはまってきたようです、国内最大Powerまで
やらないと、簡単には卒業する気にはなれません。